インバスケット 合格予備校

■ストレスなく受験対策ができました。
  (りゅうのまどさん 流通業 36歳 テキスト購入後、1回で合格)

 

インバスケット試験は昔入社して数年の頃に、同期の集合研修で受けたことがあります。

その際は課長昇格試験でインバスケットが利用されることなど知るよしもありませんでした。

その時受けた記憶としては、ただただ時間のみが経過し、全く案件処理が進まずに終わってしまい、愕然とした覚えがあります。

この試験が壊滅的だったのは自分だけなのだろうか、と大いに肩を落として帰った記憶があります。

さて、年を経て課長昇格試験のチャンスが到来し、10年前のあのインバスケット試験の記憶が大いに蘇りながらわらをもすがる思いで合格予備校のテキストを購入したのですが、テキストが実況中継式に「優秀な受験者の案件処理中の脳内のプロセス」を解説してくれるなかで、単に受験対策としてだけではなく、課長という部下を持つ立場の人間が数多くの案件を効率よくこなしながらも、部下の士気に対する配慮など、課長としての心構えも一緒に学ぶことができた思いでした。

もちろん、もともとの目的であった受験対策についても絶大な効果を発揮し、対策期間が短かったにもかかわらず、全案件を処理し、かつ自信のある回答をすることができ、結果も伴うことができました。

振り返れば、ただ問題を解いて模範解答を読んでなぜその答えが導きだされたのか、そのプロセスに釈然とせずに次の問題を解く苦痛がなかったせいか、受験対策もそれほどストレスなく進められた気がします。

最後にひとこと、合格予備校のテキストは決して安くはありませんが、値段以上の価値は私が保証します。是非みなさんにもお勧めしたいと思います。

 

■インバスケット合格予備校からのメッセージ&アドバイス

 

合格おめでとうございます。

『合格脳の実況中継』がお役に立てて嬉しいです。

仰るように、インバスケット対策にはただ回答例を見るよりも、どのような思考プロセスを踏んだのかが大切になります。

インバスケットは絶対的な答えが無い試験ですから、いくらインバスケットの回答例を眺めても、その回答例はあくまでもその回答例を作った人の答えであって、試験中に同じ答えが導き出せる訳ではありません。

問題を見たときに、何をどう考え、どのような判断を下すか?という思考プロセスをマスターするが大切だということに気が付くことが出来たことが勝因かもしれませんね。

今後、りゅうのまどさんが管理職としてご活躍されることを祈念しております。

 

UPDATE : 2017/03/19